All Posts By

北澤正敏

In 京都再発見

桜花咲き誇り春爛漫の平野神社

京都に桜の名所は数々ありますが、平野神社は古くから桜の名所と知られ、約60種類・400本余りが境内を埋め尽くしています。魁桜を筆頭に御衣黄、白妙、楊貴妃など種類が多く、その分だけ長く楽しめます。又、4月10日は「桜祭」で賑わいます。(2021.4.3 谷 明志)

In 京都再発見

春の小倉山ハイキングはいかがですか?

小倉山入口の「周恩来碑」を通り過ぎ、角倉了以翁銅像から、小倉山山頂へのハイキングコースが始まる。約10分で第1展望台に到着。眼下には保津川、向い側にはこの川を開削した角倉了以ゆかりの千光寺が見え絶景だ。ここから山頂に向かう登山道で、右手の木々の狭間に比叡山や広沢池、大覚寺が見える。約40分ほどで頂上(296m)に辿り着く。その手前にランチ場所がある。2021.3.15 北澤正敏

In 京都再発見

城南宮で春の花々を楽しもう!

城南宮の神苑は、昭和の造園家・中根金作が生涯をかけて作庭し、社殿を取り囲むように趣のある5つのエリアには、約80種の草木が植栽され、四季折々の花を楽しむことができる。毎年、2月~3月は、しだれ梅と椿をめでる人々でにぎわい、鳥居前では、椿餅が人気を集めている。2021.3.1 渡邊 武

In 京都再発見

コロナ禍に負けず!賀茂川の河川敷を散歩しませんか!!

古来京都では山は「比叡山」、川は「賀茂川」を指します。今出川橋で高野川と合流するまでを賀茂川、高野川と合流後の南を「鴨川」と呼んでいます。

国や府は、一級河川「鴨川」で統一。昔から暴れ川で歴史上何度も洪水を引き起こし、最も近い大水害は、86年前の昭和10(1935)年でした。この後の改修工事により、川底を2~3mも掘り下げ、平安~江戸時代の姿とは大きく異なる現在の景観になりました。<2021.1.20 亀田>

In 京都再発見

令和三年 明けましておめでとうございます

新しい年を寿ぎ、心よりお祝い申し上げます。
とはいえコロナ禍で終わり、新年もコロナ禍で明けた2021年!
有効なワクチン接種の始まりが待たれますが、なんと言ってもコロナ禍そのものが、
終息することを願うばかりです。そしてまたかけがえのない日常生活に戻れますように・・・

In 京都再発見

「光のファンタジー2020」京都駅ビルへのお誘い!!

いよいよ12月。京都駅ビル大階段を利用して「グラフィカルイルミネーション」が行われクリスマスバージョンも始まり、カップルや家族連れに人気のスポットになっています。空中径路や東広場でも様々な光の演出が楽しめます。京都駅にお越しの際は、ぜひ足を運んでみて下さい。「コロナ禍で遠くへ行かない地元の方々も旅出た気分でいかがでしょう」2020.12.9 万木典子

In 京都再発見

銀閣寺から円山公園の間の なんで?何で?ナンデ?

1 哲学の道の小川に落ちる紅葉は、北(銀閣寺)に行く??➨京都は北が高く・南が低いのに、南禅寺に歩く人の流れに逆らい。川は人工水路の琵琶湖疎水ですので。

2白川三条下るに明智光秀の首塚??➨和菓子屋さんが目印。長い説明なので、ぜひ現地で高札を御覧下さい。

3知恩院に抜け穴??➨車に気を付けて。門前三叉路の瓜生石の下に二条城への抜け穴が。城内の出口をご存知の方、もしありましたらぜひご教示ください。

4円山公園の奥に滝??➨無鄰菴を造った小川治兵衛が、円山公園も造園。公園を東西に流れる川を上っていくと出逢えます。

In 京都再発見

12月は「坂本龍馬の東山を巡る」と「千利休の足跡を歩く」の2コース

この龍馬の東山コースは、龍馬結婚式場跡碑、青蓮院、円山公園、霊明神社、霊山護国神社を巡ります。円山公園にある龍馬と中岡慎太郎の像では、維新で活躍の龍馬、そして結婚式場跡碑では、龍馬とお龍さんの結婚式を想像ください。明治維新の一コマを垣間見た気分になって頂ければ・・・。

 

In 京都再発見

近代の日本庭園の訪ねる<7代目小川治兵衛>

近代の日本庭園の秀作をご覧になるにはいい季節の到来です。7代目小川治兵衛の作庭が南禅寺周辺の界隈に集中しますが、入場見学できる庭園は限られています。

無鄰菴(要事前予約・入場料¥600)、平安」神宮・神苑(入場料¥600)の2か所はお薦めの庭園です。

 

In 京都再発見

東福寺―紅葉時の喧騒なき静かな通天橋など

ただいま京都では、京都非公開文化財・特別公開が開催されています。東福寺では、法堂と三門が公開されています。法堂は火災や戦乱で幾度も消失し、現在の法堂は昭和9年に再建されたものですが、明治14年の最後の火災までは、堂内に像高15mの大仏が祀られていました。残念ながら焼損しましたが、御像の一部の左手が残っており、拝見する事ができました。その大きさは圧巻で、見入ってしまいました。京都非公開文化財・特別公開は12月13日まで開催されています。2020.9.23 岸本 祐子

In 京都再発見

嵐山、虚空蔵法輪寺

9月9日は重陽の節句でした。重陽の節句は、菊の花を飾ったり、菊の花びらを浮かべた菊酒を飲んだりして、不老長寿を願う行事です。嵐山にある虚空蔵法輪寺で開催される、重陽の節会に行って来ました。法要の後には能楽の奉納もあり、菊の花を浮かべた菊酒も振舞われていました。(2020.9.9 岸本 祐子)